すぐに金が必要な方への即日融資

カードローンの申込みはキャンセルできるの?

銀行や消費者金融で提供されているカードローンの申込に臨む中では、必要なお金を用意できる見込みになったことなどが理由で、手続きの途中で契約をする必要がなくなるケースが考えられます。もし、このようなケースに遭遇した場合は、すみやかに申し込んだ銀行や消費者金融に問い合わせてスタッフに伝えることで、申込自体をキャンセルすることができます。

また、キャンセルしたい旨を問い合わせなくても、審査を通過した直後に運転免許証やパスポートなどの本人確認書類や、源泉徴収票や給与明細、確定申告書などの収入証明書類を郵送しなかったり、アップロードしないままでいれば、カードローン会社は契約する意思がないと判断します。申込時の注意事項にも記載されている場合が多いことから、いったん申し込んだ人の多くがこの方法によるキャンセルを選択しています。

しかし、申し込みを取りやめるのであれば、必要書類を送付しないだけでなく、きちんとカードローン会社に取りやめたい意思を明確に伝えたほうが良いです。実は、顧客の信用に関する情報を登録・管理している信用情報機関では、カードローンの申込者に対してローン用のカードを発行したかどうかまで登録の対象としています。別の銀行や消費者金融がカードローンに申し込んできた人の信用情報を照会したときに情報が登録されているのを見つけて、「なぜローンカードの発行まで至らなかったのか」と怪しまれてしまうと、与信審査の結果に影響を与える可能性があります。